メトラー糸

c0085098_1233495.jpg


ちょっと前に、蘭の成長はお知らせしたばかり・・・・015.gif

良く見ると、なんと・・(良く見なくても気が付くよねぇ、普通)

蕾が! 037.gif

今年の花芽にしては早すぎ、きっと、去年の花芽の咲き残り 008.gif だと思うのですが。

ちょっと、お得気分 056.gif

最近、生活パターンがちょっと変わって 朝チクチクが日課になっています。 059.gif

 058.gif お花の水遣り & COFFEE  063.gif淹れて、1時間程度 ベランダの窓を全開にして朝の日差しの中。

結構、朝の空気はまだひんやりとしてよい気分 016.gif

おもわず出勤時間に遅れそうになって、 057.gif シャワーに駆け込み なんてことも多いけど。

c0085098_12413583.jpg


奮闘中のタペも中央からキルティング開始中。

そう、キルティングは中央から外に向かって順番に刺していくのがコツ 034.gif

大判の場合はと特に面倒でも、一気に先端まで刺さずに中心から円を書くように刺していくと

全体の布ずれがしなくなります。 

c0085098_12471117.jpg


まだまだ、完成までには長い道のり 042.gif

c0085098_839535.jpg

愛鳥の「姫子」 なんだかお揃い色 ♪


今日は、糸のお話 061.gif

私も愛用 リララSHOPでもおなじみの 「メトラー糸」 多色が揃っているので重宝しています。

c0085098_1449216.jpg

この「メトラー糸」 実は、3種類あるのです。

■メトロシーン・プラス

ポリエステル100%で細めの糸。 アップリケにお勧めの糸です。

色数も多いので、布にあわせて色を選んで、キルティングに使ってもOK。

ただし、基本がミシン用の糸などでからみやすいのが欠点。

面倒でもあまり一気に長い糸で縫わないように、少し短めに糸を通して縫うのがBEST 049.gif

これもコツの一つです。

■Quilting (COTTON100%)

メトロシーンより少し太め。 メトラーの番手で40番。メトロシーンは100番。

名前の通り、キルティング向き。しっかり仕上げたいクッションなどにお勧めです。

糸の番手と巻き量が違っていて、メトロシーンよりだいぶ色数が少ないです。

白や赤など基本色を揃えて、エコーキルト部分に使用するのがお勧めです。


■コットンポリ

ポリエステルの芯にコットンをカバーし、ロウ引き加工をしたすべりの良い糸。

う~~ん、残念ながらこちらはちょっとお高い。 でも、キルティングには最適な糸です。


027.gif ミシン糸と手縫い糸の違い。

ミシン糸は糸に対して左捲き。手縫い糸は右巻と巻きの方向が違います。

手縫い用の糸をミシンで使うと、糸切れがしばしばおきてしまいます・・・。

ミシン糸を手縫い用で使う場合には、撚れてきて絡んで玉ができたりします。

絡み防止のために、手縫いのときのミシン糸は短めで扱ってみてくださいね。





c0085098_14354295.jpg

リララでも、メトラーQuilting(Cotton100%)の取り扱い開始しました。

よろしければ、遊びに来てくださいね。












♪relala-SHOPへはこちらから・ オリジナルのハワイアンキルトキットを販売しています。


いつも来ていただいてありがとうございます<(_ _)>

ブログランキングに参加しています。 ちょっぴり低空飛行中です026.gif
応援ポチ、よろしくお願い致します♪

いつもありがとうございます


応援ありがとうございます
[PR]
by relala | 2009-06-20 13:22 | □sewing